浅井戸用と深井戸用

井戸用ポンプは、浅井戸用と深井戸用とに大別でき、地表からどの水面までの高さが8メートル以下の井戸の揚水には浅井戸ポンプを利用し、井戸の配管は1本のみとなります。

電気を使用するポンプとしては、最も簡単な工事で済む方式で、分かりやすい例えだと、人間がストローで水を吸い上げるのと同じ原理です。

浅井戸であれば、井戸工事もポンプの取替えも深井戸と比較して安価ですし、電動ポンプと手動の手押しポンプを同時に設置しておくと、災害時や緊急時にも給水が可能となります。

地表から井戸水面までの高さが8メートルを超える井戸の揚水に使用するには深井戸ポンプ、ポンプ部を井戸水中部に設置する方式で深井戸水中ポンプがあります。

深井戸水中ポンプは、かなり深い井戸でも、豊富な水量を得ることができ、地上部分はコンパクトな電装と制御部のみですので、場所を取りません。

運転音も全く聞こえないので、住宅地においても使用可能で、効率がよいため省エネにもつながります。

深井戸ジェットポンプは深井戸ポンプとしては、オーソドックスな方式で、吸い上げ高さが8〜20メートルくらいが適用範囲で、この範囲内ならば水量も比較的えられ、現在の種類は運転音がかなり低く抑えられています。

井戸用ポンプの商品一覧